高価買取される遊戯王カード

遊戯王カードの中には、高値で買取されているカードがあり、中には商品として販売されているころよりも、数十倍の価値をもつケースもあります。遊戯王カードの相場は、様々な条件で変わってくるので、少しでも高くカードを買い取ってもらうためには、そのカードがどうして高値で売られているのか、その価値はいつまで持ちそうかを判断し、最も高値が付くタイミングで売却することが重要です。
遊戯王のカードは、ゲームを行うためのカードなので、必然的にゲーム中で強いカードが高値になる傾向があります。例えば安定した強さを発揮できると人気のあるネクロスデッキと呼ばれるデッキがありますが、そのデッキで多用される「ヴァルキュルスのネクロス」というモンスターカードは、平均相場は1,000円近くにまで上がっています。逆にルール改正で大会に使えなくなることで、相場が落ちるカードもあり、「ゴヨウ・ガーディアン」というカードは、一時期非常に強力なカードとして人気を集めましたが、禁止カードに指定されてから急激に相場が下がり、安いところだと100円を切ることもあります。より高いレアカード遊戯王カードの中でも、特に買取価格が高いカードの多くは、何かしらの条件が無いと手に入らないレアもののカードが多いです。その多くは既に手に入らないものになっている事が多いので、昔遊戯王ファンだった方が所有していて、その価値を知らないまま放置していることも有るそうです。有名なカードだと、「青眼の白龍」がありますが、こちらはジャンプのイベントで限定で配布された貴重なカードがあり、備品などの条件付ですが、数万円で取引される価値があります。同様にジャンプ関連の限定品は多く、ひょっとするとまだ手元に残っている方もいるかもしれません。さらにレアなカードとなると、大会に優勝した方や、抽選で数名にしか当たらないような、非常に入手条件が厳しいカードが該当します。全国大会優勝者に与えられるカードは、それこそ世界で1枚しかないものがほとんどで、遊戯王カード最高額の「ステンレス製カオス・ソルジャー」は、現在とある店舗で9億9800万円で販売しているそうです。